子育て支援ポータルサイトの子育て!北海道が運営しています。http://www.kosodate-hokkaido.com/


by kosodate-hokkaido

<   2014年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

   おとなの食育
   「食は文化・食は養生」薬膳【梅雨】編


          
 長い歴史の中で生まれた、身体のバランスを整えていく医学が中医学(東洋医学)です。
 その理論に基づいて作られた食事が薬膳です。
 北海道もこのところ雨が多く、すっかりしない天候が続いています。
 湿度が高くなると体だけではなく気分もジメジメしますね。
 体調が崩しやすいこの時期、爽やかに過ごしていただくためのお料理です。

 ■日 時 2014年6月13日(金) 10:00~13:00
 ■場 所  月寒公民館 調理室(札幌市豊平区月寒中央通7丁目8-19)
 ■会 費 2000円(講師謝礼・食材費を含む)
 ■持ち物 エプロン、三角巾、布巾、持ち帰り容器
  
 ■講 師 野村 洋子
      国際中医薬膳師・黒龍江医薬大学日本校薬膳学科卒
      同志社大学(心理学専攻)卒
 

 ■お申し込み
  お申し込みは、6月5日(木)まで、キャンセル6月10日(火)までです。
  期日を過ぎてからのキャンセルは会費をいただきますのでご注意ください。

 ♪お申し込みは、国井(TEL/FAX 011-583-6716)
           山城(TEL/FAX 011-583-8369)へFAXでお願いします♪

<メニュー>
・ジメジメ解消ハトムギと野菜のスープ
・すっと爽やかシーフードのレモングラスソース
・リコピンパワーいっぱいのパスタ
・麗しいジャスミンゼリー2種

 ■主 催  西岡の文化を育む会
 
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-28 01:30 | 2014年6月のイベント | Comments(0)
       親子自然ウォッチング わんぱく遊び隊!
         6月開催のイベントのご案内

      「おたまじゃくしをみつけよう!」

 「わんぱく遊び隊!」は、楽しく遊びながら自然への理解を深める自然体験会です。
 一緒に遊びながら自然の不思議を発見してみませんか?
 今回は、野幌の森の入口や森の中でカエルやサンショウウオのオタマジャクシを
 探しましょう♪
 足や手が出たおたまじゃくしも見つかるかも?どんなおたまじゃくしに会えるかな?
 ※おたまじゃくしは持ち帰れません。

 【日 時】 2014年6月7日(土) 
  午前の回 10:00~12:00(受付9:45~)
  午後の回 13:00~15:00(受付12:45~)
  
 ※午前の部と午後の部は、同じ内容です。

 【ばしょ】   野幌森林公園 大沢口 (江別市)
 【集合場所】 自然ふれあい交流館前の広場 
         午前の回9:45、午後の回12:45受付開始


 【指導員】  徳田 龍弘 氏(両生爬虫類写真家)
 【参加費】  大人も子供もひとり500円(3歳以下無料)
 【持ち物】  イチゴパックなどが水が入るトレー(小さなプラケースなど)、虫除け、
         おしぼり(汚れた手を拭くもの)帽子、長靴

 ※大人の方も、長靴でお願いします。

 【プログラム対象】 4才~小学3年生の家族 
 ※3才以下や小学4年生以上も参加できます。

 【申込期間】  申込受付中!
          定員(各30名)いっぱいになるまで

 
 【申し込み】  でんわ・FAX・メールでお申込みください。
  お申込みの際に「参加するみなさんの氏名」「お子さんの年令」「住所」「電話・FAX番号」
  「午前午後どちらが希望か」をお知らせください。
 ※雨天決行

 【主 催・申込先】 自然ウオッチングセンター 
  ■TEL   011-583-5208
  ■FAX   011-583-5233
  ■Eメール wanpakuasobitai@tea.ocn.ne.jp

 【交 通】
 ●車の場合
  札幌市内方向から国道12号線で歩道橋のある信号(自然ふれあい交流館の看板あり)
  を右折。突き当たりです。無料駐車場あり。
  ※「開拓の村、百年記念塔の入口」とは別で、もう少し江別方向へ進んだところに
   あります。ご注意ください。
 ●バスの場合 
  新札幌駅バスターミナル北レーン10番乗り場よりバスで約17分
 ・JRバス「文京台線」(循環新82・新83)9:20発(11:50発)に乗車
  バス停「文京台南町」9:32(12:07)下車。徒歩10分
 ・12番乗り場より夕鉄バス「文教台南町行」9:25発に乗車。
  バス停「大沢公園入口」9:40下車。徒歩5分
 ●JRの場合
  JR大麻駅から徒歩で約30分

***********************************************************************************************
      親子自然ウォッチング わんぱく遊び隊!
     「はじめてのバードウオッチング!」

 「わんぱく遊び隊!」は、楽しく遊びながら自然への理解を深める自然体験会です。
 一緒に遊びながら自然の不思議を発見してみませんか?
 今回は、バードウオッチングです!観察しやすい草原の鳥がたくさんいる石狩浜で
 行います。
 初心者でも野鳥を間近で見られますよ!! 
 バス停「石狩」から石狩浜ハマナスの丘公園周辺までをゆっくり歩きながら
 野鳥を探します。

  【日 時】   2014年6月21日(土) 9:00~11:45
  【ばしょ】   石狩浜 はまなすの丘公園周辺(石狩市)
  【集合場所】  中央バス バス停「石狩」(石狩市仲町) 8:45受付開始  
  【指導員】  米田 心美 氏(鳥類調査員)
  【参加費】  大人も子供もひとり500円(3歳以下無料) 
  【持ち物】  飲み物、歩きやすい靴、帽子、雨具、あれば双眼鏡、
          図鑑(双眼鏡と図鑑は貸出可能です)


 ※お弁当を持参して、はまなすの丘公園ヴィジターセンター内で食べることができます。
 ※持ちものに名前を付けてください。

  【プログラム対象】 4才~小学3年生の家族 
 ※3才以下や小学4年生以上も参加できます。
 

  【申込期間】   申込受付中!       
             定員(各30名)いっぱいになるまで
 

  【申し込み】  でんわ・FAX・メールでお申込みください。
  お申込みの際に「参加するみなさんの氏名」「お子さんの年令」「住所」
  「電話・FAX番号」をお知らせください。
 ※小雨決行

  【主 催・申込先】 自然ウオッチングセンター 
  ■TEL   011-583-5208
  ■FAX   011-583-5233
  ■Eメール wanpakuasobitai@tea.ocn.ne.jp

  【交 通】
  ●車の場合 
   国道231号線から石狩海水浴場方向。
   道道225号を、石狩温泉「番屋の湯」を通り過ぎて突き当たりまで。駐車可能。
  ●バスの場合
   札幌中央バスターミナル(大通東1丁目)7番乗り場より、
   中央バス「石狩」行き7:50発に乗車。終点「石狩」8:51下車(帰り:12:00発)

e0135995_3293139.jpg

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-26 03:25 | 2014年6月のイベント | Comments(0)
 健康・子育て・生涯学習サークルW-projectでは、
 子育て支援事業として、赤ちゃんとの生活に関わる様々なプログラムを
 提供しております。

 育児や家事で忙しい日々を過ごすママさんは、
 なかなか服を脱がせてオイルベビーマッサージをする時間がとれないこともあります。

 そんなときに、「服を着たままできるベビーマッサージ」はいかがですか?

 親子のコミュニケーションツールとして注目の赤ちゃんサインと同時開催です。

 また、はじめての試みとして、
 出産祝いとして人気のおむつケーキをデコレーションして、ママ友さんへのちょっとした
プレゼントのご提案をいたします。
 基本的なラッピング技術を覚えると、いろんなものに応用可能。

 盛り沢山の内容、ぜひこの機会にお誘い合わせの上、ご参加くださいませ。

◆ 親子の絆をはぐくむ☆赤ちゃんサインと
   服を着たままできるベビーマッサージ
            +おむつケーキデコレーション体験クラス◆


        ☆☆☆お子様連れでご参加ください☆☆☆

 近年、言葉を発する前のお子様とのコミュニケーションツールとして活用されている、
 サインについて、日常よくつかう21個に絞ってご紹介いたします。
 ベビーマッサージは服を脱がせたり、オイルを使ったり面倒!と思っていませんか?
 肌の弱いお子様や、忙しいママのために、服をきたまま簡単にマッサージができる、
 「いつどこベビーマッサージ」をご提案します。
 妊娠中の方も、赤ちゃんが生まれてすぐ実践できます。

 また、出産祝いとして人気のおむつケーキのミニバージョンをあなたのセンスで
 デコレーション!
 作品はお持ち帰りいただけます。

 【日 時】 2014年 6月 3日(火) 10時~12時 
      ※他日程でご参加希望の方は、ご都合あいますときに、西野の事務局サロン、
       またはご自宅等へ出張で開講可能です。(出張料別途)
       お気軽にお問い合わせください。

 【会 場】 札幌市生涯学習総合センター・ちえりあ 1階「あそびの森」 
        (〒063-0051 札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10)
 ※ 地下鉄 東西線宮の沢駅下車 地下通路直結徒歩5分 
 ※ 西友宮の沢店駐車場共有 二時間無料  

 【講 師】 西川 明子
  日本食膳健美会認定講師・ベビーライフ/おむつ&ペットシーツデコレーション
  食膳アドバイザー 
  札幌ベビースリング交流会フクロキタキツネ代表・放送大学エキスパート
  (次世代育成支援コース・心理学基礎コース)

 【持ち物】  バスタオル1枚、お子様の飲み物など身の回りの物
【参加対象】 妊娠中の女性(お人形で体験していただけます)から、
        0歳~2歳ぐらいまでの親子(上のお子様の同伴可)


 【参加費】  2000円 (資料・材料代込)
  ※ 参加費は運営のために充てられ、営利目的ではありません
  ※ 資料はラミネート加工された正式発行の資料のほか、参考資料も配布します

 【参加方法】
  件名に「6月ベビー体験クラス1」として、メールかお電話でお申込みください。
  「ご参加の方のお名前、同伴のお子様のお名前と生年月日(または妊娠中)、
   お電話番号(必須)、メールアドレス」

  を明記の上、お問合せ先までお知らせください。

  皆様のお申込みをお待ちしております。

【主催・お問い合わせ先】
「健康・子育て・生涯学習サークル・W-project」 担当:西川
  ●お問い合わせフォーム http://www.wproject.jp/%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/
  ●電 話       080-7008-9041
  ●事務局・サロン 札幌市西区西野5条8丁目10-14
  ●メール     info@wproject.jp または wproject_hokkaido@yahoo.co.jp 
  ●ブログ      http://blogs.yahoo.co.jp/wproject_hokkaido/ 
  ●ホームページ  
http://www.wproject.jp

e0135995_12211223.jpg

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-25 12:22 | 2014年5月のイベント | Comments(0)
     第6回「イネーブルガーデンコンサート」

 やわらかい日差しにつつまれ、花の薫りにかこまれたガーデンで、
 心地よい♪旋律と歌声♪を楽しみませんか?

 【日 時】 平成26年6月28日(土) 13:00~15:00
        (第1部13:00~13:40、第2部13:50~14:30)

 【会 場】 札幌市清田区清田4 条1丁目4番1号 札幌国際大学 イネーブルガーデン
        (雨天時:札幌国際大学1号館2階・学生ホール)
 【料 金】 無料
 【お問い合わせ】  札幌国際大学 吉崎  011-811-6491
             又は s-yoshizaki@ts.siu.ac.jp までご連絡下さい。

 【プログラム】
 第1部 ピアノ&オカリナ コンサート
 ●ピアニスト
  堀澤 幸恵(ほりさわ ゆきえ)
  札教芸術文化課程音楽科卒業。ドイツにてPIANALE PianoAcademy に参加

 ●オカリニスト
  宮下 千恵子(みやした ちえこ)
  藤田 菜穂子(ふじた なほこ)
  ピアノ・オカリナ講師。
  ライリッシオカリナ連盟所属。オカリナの普及に力を入れている。

 ~演奏曲目~
 ・いのちの名前
 ・ハナミズキ
 ・花は咲く
 ・テルーのうた
 ・いつでも何度でも
 ・崖の上のポニョ
 ・雨のちハレルヤ 他

 第2部 民謡・歌謡曲 コンサート
 ●歌い手
  鈴木 由貴子(すずき ゆきこ)
  「幸せを呼ぶ歌」主宰 江差追分・民謡大会上位入賞多数。
  心の癒しを目的とした活動を積極的に行っている。

 ~演奏曲目~
 ・花笠音頭
 ・川の流れのように
 ・涙そうそう
 ・ソーラン渡り鳥
 ・石北峠

 ※コンサートは、北海道地域・観光研究センター・地域貢献清田事業の協力をえて
 開催しております。

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-25 03:09 | 2014年6月のイベント | Comments(0)
       第10回  園芸療法入門プチ講座

 ■日 時 6月14日(土) 13:30~15:30
 ■会 場 札幌市中央区民センター2階「創造の部屋」
        (札幌市中央区南2条西10丁目)
 ■受講料 1,200円(お子様は半額)
 ■定 員  先着20人 

 ※1週間前までにお振込みの上、お申込みください。
   ゆうちょ 19080-20281881 トクヒ)ウレシハ
   他行からは 店番908-2028188 トクヒ)ウレシハ。

 材料準備の都合上、開催日時を含む4日前以降のキャンセルは返金不可となります。
 どなたでも参加できます。障がいの有無に関わらずお子様連れでもご参加ください。

 ■講 師  津田 智恵子(NPO法人うれし葉理事・園芸療法士)
 ■講座内容 「園芸療法について」「豆クラフト」

 ■お申込み先 NPO法人うれし葉 
 TEL:011-881-6491/FAX:011-885-3370(吉崎宛)
 メール htfukyu.hokkaido@gmail.com
 ホームページ http://ureshi-ha.wix.com/ureshi-ha

~交通機関~
 ・地下鉄東西線「西11丁目駅」下車。徒歩約5分
  中央区役所前の駐車場には限りがあります。

 ★今後、10月、12月にも「プチ講座」の開催を予定しています。
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-25 02:49 | 2014年6月のイベント | Comments(1)
            お片付けスキルアップ講座(1) 
     知って得する ハウスキーピング北海道のセミナー!
     いつもの生活が変わる!楽になる!
      お片付けのプロがアドバイス


 【日 時】 2014年5月24日(土) 午後 (1講座だけの受講でも可)
 ●1講目 13:20~14:50 『リラックス整理法』
 ~「要る」「要らない」片づけられないモノとの関係~ 

 片付けに手間取る、リバウンドするのは理由があります
 ソレをズバッ!と解説
 *講師 川尻 憲司(整理収納アドバイザー1級)
 

 ●2項目 15:00~16:30 『全国一周★愛車★の旅』
 ~シンプルライフをたのしもう~


  第二の人生をマイカーで旅する整理収納アドバイザーが、
  身軽な生活の究極の方法と楽しみ方をご紹介
 *講師 佐藤 純子(整理収納アドバイザー1級)

 【場 所】 札幌エルプラザ3階 札幌市男女共同参画センター OA研修室
        (札幌市北区北8条西3丁目 JR札幌駅北口そば)
 【受講料】 1講座 1,000円 同日2講座1800円

 【定 員】 先着15名

 【主 催】 ハウスキーピング北海道 事務局 
 (札幌市中央区北9条西16丁目1-3-313)
 http://www.seiri-do.com/
 

 【お問い合わせ先】
 ・FAX専用 0133-74-8518
 ・電話    070-6607-0404
 ・メール   hk-hokkaidou.gmail.com


 *片付けの方法がわからない…
 *自分でやっても なんだか すっきりしない…
  
 そんな悩みのある方、ご相談ください
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-24 04:06 | 2014年5月のイベント | Comments(0)
  2014年 子育てを一から見直すプロジェクト 新企画!!
      “はぐさぽ”ベーシック講座ご案内
    “はぐさぽ”とは「はぐmamaさぽーたー」の略称です

 誰もが安心して子育てのできる世の中に、どの親子も心身ともに
 健全で楽しい暮らしができる世の中に…
 そんな世の中になるために、まずは子どもをはぐくむママを応援すること! 
 私たちが長年培ってきた親子の心をつなぐ極意や人と人との助け合いの方法を
 織り交ぜながら、寄り添うこと、共感すること、触れることなどをお伝えする講座です。

 ごく自然に、ごく当たり前に、身近にいるママたちを応援すること
 昔ならどこにでもいたイイ意味での“おせっかいおばさん”の現代版
 それが“はぐさぽ”!!

 

 子どもを育む(Hugくむ)ママたちの存在そのものを、
 誰もが、丸ごと包み込むような応援ができる世の中になるように、
 “はぐさぽ”の輪を全国に広げることを目指して、 講座をスタートさせることになりました。
 一人でも多くの人に“はぐさぽ”の考え方に触れてもらえるよう、
 わが子の子育てのために“はぐmama”になりたい人、
 身近なママを応援する“さぽーたー”になりたい人、どなたでも参加できる講座です。

 ★ベーシック講座修了後は、アドバンス講座の受講資格が得られます。
 ★アドバンス講座では、「おむつ替え・おっぱい・赤ちゃん期のしつけ・ダダこね・
  入園、入学時のケア・ママ自身を労う」など、子育ての気になるテーマを設ける予定です。
  アドバンス講座は、2015年開催に向けて準備中です☆お楽しみに!!
 ★会員・非会員問わずお申込いただけます。
  お知り合いの方もお誘いの上、ご参加ください。

2014年“はぐさぽ”ベーシック講座4回開催します
★ 北海道開催 ★ 
 日 時 : 5月23日(金) 10:00~16:00
 ※10分前には受付を済ませてください
 会 場 : 厚別区民センター  www.atsukucen.jp/
        (札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-14)
 参加費 : 3,000円
 講 師 : 日本抱っこ法協会理事・西川 みゆき http://aneblo.jp/peaceful-ful/

 お申込 : だっこるうむ(癒しの子育てネットワーク北海道)代表 津野 宏子
 TEL /011-377-6180
 E-MAIL / tunotunoyeye@sunny.ocn.nejp

*****************************************************************************************************
はぐさぽ講座には二種類の講座があります
 【ベーシック講座】(一日5時間) 
 〔参加資格〕  どなたでも
 〔講座修了後〕 “はぐさぽメンバー”として、身近なママの心に寄り添う応援ができる
 
【アドバンス講座】(2日間10時間×3回)
 〔参加資格〕  ベーシック講座修了者または協会中級認定者以上
 〔講座修了後〕 “はぐさぽメンバー”として、日常または数名の集いを開くことができる

e0135995_234528.jpg

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-22 02:34 | 2014年5月のイベント | Comments(0)
   親向け(子連れOK)【東洋医学入門講座】

 【日 時】 5月23日(金)開講 全5回 金曜 18:30~20:30
 【会 場】 さっぽろ自由学校「遊」」(愛生舘ビル6F)
 【受講料】 一般 5,000円 会員・学生 4,000円
        (単発 一般 1,500円 会員・学生 1,000円)


 【講 師】 鮒田 新世(ふなだ しんよ)
  鍼灸師として自営の鍼灸治療室RELSHYで日々患者さんたちの身体と
  コミュニケーションを取らせていただいています。
  特別支援教育にも長く関わってきました。冬はスキーのインストラクターもしています。
  東洋医学に興味があるけど、難しくて自力で勉強するのには限界があると感じている方、
  入門講座にどうぞ!
  東洋医学のエッセンスは、なるほど、と思うことがあるけど、あちこちで見聞きする
  東洋医学のエッセンスに矛盾があって混乱してしまう、と思っている方、
  是非とも入門講座においでください!
  東洋医学は部分を捉えるだけではなく、全体をみることが大事です。
  ものの考え方という部分から、丁寧に解説していきます。
   テキストは、漫画や図を使ったりしますので、初心者大歓迎です。

■第1回 2014年5月23日(金)
 「宇宙のなりたちと陰陽五行の基礎」
 人体は小宇宙。宇宙の始まりは生命の始まり。
 形のない混沌の世界に陰陽が生まれ動き始め、命が生まれます。
 宇宙という全体から、人体の成り立ちと働きをイメージしてみましょう。
 瞑想したりするときにも、宇宙の始まり、混沌の世界に立ち戻ると、
 とても力をもらえるような感覚ですよ。

■第2回 2014年6月20日(金)
 「春夏の生活と肝臓と心臓の働き」
 春は肝臓が大活躍。夏は心臓が大活躍。そして春夏はちょっと心が躍る季節。
 楽しさでいっぱいの季節。
 さて、どんなことに気をつけたら次の季節に活躍する内臓にバトンタッチできるでしょうか?
 どんな心身の不調が見られ、それに対してはどんな対策が考えられるでしょうか?

■第3回 2014年7月18日(金)
 「土用と胃の働き」
 土用は季節と季節の間に18日間ずつ、一年に4回あります。
 ちょっと不安定になりがちな季節です。
 じっくり自分に向き合って観察しながら、うまくバランスをとる必要があります。
 胃の働きに注目することは、自分の中心に注目すること。
 土用に気をつけること、考えてみましょう。

■第4回 2014年8月29日(金)
 「秋冬に向けての生活と肺と腎臓の働き」
 秋は肺が大活躍。冬は腎臓が大活躍。
 そして秋冬は冬眠にむけて、あれこれ片付けて蓄える季節。
 静かに夢をたくさん見て春を待つ季節。その季節に備えて、この一番暑い時期に
 今できることをしておきましょう!
 腎臓は特に、生命力の源なのです。そこにエネルギーをどれだけ貯められるかが、
 来年元気に過ごせるかが決まってくるのです。

■第5回 2014年9月26日(金) 
「東洋医学から見た精神のとらえ方」
 東洋医学は身体も精神もどちらもみます。
 宇宙は全て一つ。身体も精神も一つ。どうやって頭と身体を一つにするか。
 内臓にも「こころ」があります。
 内臓の働きによって「こころ」の動きも変化します。
 でも、「こころ」の動きによっても内臓の働きが変化するのです。
 自分の意識でどう身体をコントロールするか、
 身体の声にどう応えて生きるか。生涯の課題でもありますね。

:::*::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::
 【お問い合わせ・お申し込み先】 NPO法人 さっぽろ自由学校「遊」
 住所: 〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F
 TEL: 011-252-6752
 FAX: 011-252-6751
 メール:syu@sapporoyu.org
 URL: http://www.sapporoyu.org
 郵便振替: 02780-5-47036 自由学校「遊」
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-17 22:08 | 毎月開催のイベント | Comments(0)
           子ども虐待を無くしたい
   ~子どもを見捨てない社会への道のり~


 【日 時】  5月16日(金)開講 全6回 金曜19:00~21:00
 【会 場】  さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル6F)
 【受講料】 一般6,000円 会員・学生4,800円
        (単発 一般1,500円 会員・学生1,000円)

 【内 容】 
 深刻な子ども虐待の報道がされるたびに心が痛みます。
 なぜ親は時として、自らの手で子どもを死に至らしめてしまうのか。
 人間の心の闇に迫る問題です。
 しかし、虐待は、個人だけにとどまらない、個人を取り巻く社会の問題でもあります。
 この講座では、子ども虐待を広く社会の問題として受け止める視点から問題を整理し、
 子どものいるいないに関わらず、幅広い市民の方と意識を共有し考えます。

 ■2014年5月16日(金)  子ども虐待を考える視点(終了)
 ●松本 伊智朗(まつもと いちろう) 北海道子どもの虐待防止協会
 子ども虐待とは論争的テーマです。
 子ども虐待とは何か、何をすることが子ども虐待に対応することなのか、
 こうしたことは一見自明の様でありながら、考える立ち位置によって大きく異なるかも
 知れません。
 一方で子ども虐待とは実践的なテーマです。
 出来ることはなにか、合意の形成はどの点に可能か、皆さんと考えたいと思います。

 ■2014年6月13日(金) 虐待以前に「子どもの人権」を考えよう
~札幌市子どもの権利条例の意味と意義~

  ●佐々木 一(ささき はじめ) 札幌市子どもの権利条例市民会議事務局長
子どもの問題を考えるためには、大人の意識のあり方が重要です。
 「子どもの人権」になぜ注目する必要があるのか、子どもの権利条例作成に込めた
 思いと、その後の経過から見えてきたことを伺います。

 ■2014年7月11日(金)  日本は、子育てを支援するつもりがあるのか?
~子どもと子育て世代に対する社会保障の国際比較~

 ●木下武徳(きのした たけのり) 北星学園大学教授
子ども虐待問題への関心が高まっているなかで、わが国の社会保障は、
 子どもや子育て世代の生活を支えるものとなっているのでしょうか?
 国際比較の視点から、問題を考えます。

 ■2014年7月25日(金) 札幌市の児童虐待の現状と対応
 ●札幌市子ども未来局の職員の方
児童虐待の種別、札幌市内における発生状況を解説するとともに、
 早期発見・早期対応のために札幌市が進める取組について紹介します。

 ■2014年8月22日(金) 母子家庭の母の貧困と子ども
~いま求められる社会保障と労働政策とは~

●中囿 桐代(なかぞの きりよ) 北海学園大学教授
ひとり親でも安心して仕事と子育てが両立できる環境の整備は、
 子ども虐待の防止につながります。
 シングルマザーの多くは働いているのに貧困です。
 そしてその貧困は子どもに受け継がれる可能性が高くなります。
 どうして、母親は懸命に働いているのに貧困から抜け出せないのでしょうか? 
 その理由をみなさんと考え、これからどのような社会保障、労働政策が必要なのか
 考えたいと思います。

 ■2014年9月19日(金) ひとり親家庭の親子から見た社会 
~生きづらさと向き合う~

 ●平井 照枝(ひらい てるえ)  しんぐるまざあず・ふぉーらむ北海道
社会のひずみやしわ寄せが及びがちなひとり親家庭。
 どのような生きづらさがあるのか、現状における対処法は何か、
 誰もが生きやすい社会のために何が必要かなどお話しいただきます。

:::*::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::
 【お問い合わせ・お申し込み先】 さっぽろ自由学校「遊」
 住所: 〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F
 TEL: 011-252-6752
 FAX: 011-252-6751
 メール:syu@sapporoyu.org
 URL: http://www.sapporoyu.org
 郵便振替:02780-5-47036 自由学校「遊」
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-17 22:05 | 毎月開催のイベント | Comments(0)
               福島を遠く離れて
~2011年3月11日より3年、今、思いを聞く~
  

 【日 時】  5月28日(水)開講 全5回 水曜19:00~21:00
 【会 場】  さっぽろ自由学校「遊」(愛生舘ビル6F)
 【受講料】 一般5,000円 会員・学生・避難移住者の方4,000円
        (単発 一般1,500円 会員・学生・避難移住者の方1,000円) 

 【内 容】
 たとえばテレビ画面を通しての番組で…新聞や雑誌の上で…報道されている内容は
 どれほど真実が伝えられているのでしょう。
 札幌へあるいは北海道へ避難・移住をされている方々の本当の声は、この町で一緒に
 暮らす私たちにどこまで届いていますか。
 避難・移住先で新たな暮らしを築いていらっしゃる方々の様子をお話していただきます。
 『福島を忘れない…その言葉に耳をすまして心も傾けてお話を聞く大切さを実感できる
 講座』になればと思います。

 ■2014年5月28日(水) 原発「自主」避難者のいま
  ~札幌の避難者団体・チーム☆OKの活動~

 ●森田 千恵(もりた ちえ) 原発避難者団体「チーム☆OK」代表
 チーム☆OKは札幌の原発避難者団体です。
 幼ない子を持つ母親が中心となり活動しています。
 チーム☆OKの活動紹介を通して、原発避難者の現状と今後の課題について、
 お伝えできればと思います。

 ■2014年6月25日(水) そして、母になる
 ●宍戸 慈(ししど ちか) ラジオパーソナリティ、ピラティスインストラクター
 2011年、単身女子で札幌へ避難してきた宍戸慈は、2012年にはウクライナへ行き、
 2013年には結婚、妊娠。
 2014年には出産し母となった。3年間の環境と気持ちの変化を語る。
 

 ■2014年7月23日(水) 「心のケア」から「グリーフサポート」へ
 ~子どもたちのつぶやきに耳を傾ける場とは?~

 ●飯田 知樹(いいだ ともき) キッズハウスdaうけいれ隊 代表、学習塾主宰
 「グリーフサポート」って知ってますか?
 避難して来た子どもたちはさまざまな「グリーフ(悲しみ・愛惜)」を心の底に抱えて
 います。
 私たちの実践を紹介することにより、「グリーフサポート」への理解が深まる場と
 なればと思います。

 ■2014年8月27日(水) あのとき、障がいを持つ人達は
 ●中手 聖一(なかて せいいち) うつくしま介助サービス管理者、
  原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人

 障がい者自立生活センター相談員であった立場から、震災及び原発事故での
 障がい者の被災や避難の様子、そして札幌へ移住された障がい者の介助生活の
 経緯や現在、おつれあい日子さんからの避難所となったユニバーサルデザインアパートの
 状況の報告も予定しています。

 ■2014年9月24日(水) 事故から3年半 ~福島で今、起きていること~
 ●地脇 聖孝(ちわき まさたか) 福島原発告訴団 第1次告訴人
 事故から3年半経った福島で今、何が起きているか? 
 漏れ続ける汚染水、進まない除染、増え続ける甲状腺ガン。
 それでも事故の責任追及を通じて希望の扉をこじ開けたい。

:::*::*::::::::::::::::::::::::::::::::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::*:::::*::::::::*:::::::
 【お問い合わせ・お申し込み先】 NPO法人 さっぽろ自由学校「遊」
 住所: 〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘ビル6F
 TEL: 011-252-6752
 FAX: 011-252-6751
 メール:syu@sapporoyu.org
 URL: http://www.sapporoyu.org
 郵便振替: 02780-5-47036 自由学校「遊」
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2014-05-17 21:46 | 毎月開催のイベント | Comments(0)