知的障がいの子の「親なきあと」セミナー第1回
     ~将来の為に、今からできることを考える~

 知的障がいがある子の「親なきあと」のことは、親御さんなら皆が不安を感じていることと思います。
 「親なきあと」に子どもが生きていく為に、お金のこと、住まいのこと、身の回りと日々の
 生活のこと、制度のことなど、まずは知ること、そして考えることから始めましょう。

  【日 時】 2017年6月18日(日) 13時30分から15時30分 
        (受付開始は13時10分より)
  【会 場】 札幌市生涯学習センター「ちえりあ」2階 中研修室2 
        (札幌市西区宮の沢1条1丁目1-10 TEL 011-671-2200)

  【交通アクセス】 地下鉄東西線 宮の沢直結  
   ※車でお越しの方は、西友宮の沢店駐車場と共用

  【定 員】 60名(先着申込順) 
  【参加費】 500円(当日受付でいただきます) 

  【お申込み方法】
   info@mamoruco.comまで、表題に「親なきあとセミナー申込」と記載し、
   (1)名前、(2)住所、(3)電話番号、(4)所属・お立場などを明記の上
   お申込みください。


  【お問い合わせ】  090-6871-4388 清野(せいの)さんまで 
  【主催・共催】  
    特定非営利活動法人 ソルウェイズ
    障がい児と子どもの支援 マモルコ
    株式会社 エムブイピークリエイティブジャパン

  ≪講師紹介≫ 渡部 伸氏
   1961年 福島県会津若松市生まれ
   慶應義塾大学法学部法律学科卒業
   東京行政書士会世田谷支部所属
   「親なきあと」相談室主宰 渡部行政書士事務所代表

   障がいのある子を持つ親の、共通の悩みなどを共に考える「親なきあと」相談室を主宰。
   著書“『障害のある子の家族が知っておきたい”「親なきあと」!等は、本テーマを考えるに
   必読の書と言えるでしょう。
 
  *著書紹介(主婦の友社)*
   ・障害のある子の家族が知っておきたい「親なきあと」
   ・障害のある子が「親なきあと」にお金で困らない本
   ・一般社団法人 日本相続知財センター「親心の記録」監修

  このセミナーは、ゆうちょ財団の助成をいただき開催します

e0135995_0263063.jpg

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-29 00:26 | 2017年6月のイベント | Comments(0)

           親子でわくわく♪リトミック!
  
  【日 時】  2017年6月4日(日) 11:00~11:45  
  【場 所】  札幌ファクトリー レンガ館1階 
         ソプラティコファンタジースクエア(小スタジオ)

  【駐車場】  札幌ファクトリー施設内4時間無料(受付にて捺印)  
  【対 象】  2歳~4歳ぐらい 5~6組 
          
  【参加費】  初回800円(2回目以降1000円・きょうだい半額)
  【内 容】  即時反応、リズム、うた、手遊び、絵本、クラフト

   ≪レッスン予定≫ 6月 雨の活動

 ■リトミックではどんなことをするの?
  親子で&お友達と、楽器や道具を使って楽しく遊びます。
  音に反応して跳ぶ・走る、体で表現する、リズム遊び、歌、手遊び、絵本、クラフトなど、
  季節ごとに様々な活動を取り入れていきます。
  リトミックは、幼児期に必要な発達・経験を総合的に促し、音楽性、協調性、豊かな人間性
  などの育成に役立ちます。

 ★参加申し込み事項★
   1.参加者のお名前、お子様の月齢(性別)
   2.連絡の取れるお電話番号

  ★申し込み先★  
   ♪ピアノ・リトミック・学習支援♪
    kids room poporu(キッズルーム ぽぽる)
   ●メール  poporu.kids@ezweb.ne.jp
   ●電 話  080-4040-1664(はたなか)
   ●講 師  畠中 栄理香(はたなか えりか)

  《次回以降のスケジュール》
   2017年7月2日(日)・7月16(日) 10:00~10:45

e0135995_053945.jpg

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-29 00:00 | 2017年6月のイベント | Comments(0)

          子どもと一緒に遊びながら聴く
                「CDひろば」
 
 スピーカーから流れる童謡を聴きながら、子どもと一緒にあそぶことができます。
 タリーズコーヒーからテイクアウトしたフードやドリンクを楽しみながら、あそぶこともOK!
 
 Chie Terrace(ちえテラス)から、「ちえりあホールホワイエ」に、
 ぜひ、あそびにきてください!
 
  【日 時】 平成29年5月29日(月) 10:30~11:30
  【会 場】 札幌市生涯学習総合センター1階 「ちえりあホールホワイエ」
        札幌市西区宮の沢1-1 地下鉄東西線「宮の沢駅」直結
        駐車場:西友駐車場をご利用ください(1時間無料)
        ちえりあ館内の認証機を通すとさらに1時間無料。

  【受 付】 直接会場にお越しください 
  【入場料】 無料

  【お問い合わせ】 札幌市生涯学習センター「メディアプラザ」
         011-671-2121

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-22 22:02 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

                 キッズシネマ
            「うごくえほん本チルビー」
 
 親子向けの映画を楽しみながら、子どもと一緒にあそぶことができます。
 タリーズコーヒーからテイクアウトしたフードやドリンクを楽しみながら、あそぶこともOK!
 
 Chie Terrace(ちえテラス)から、「ちえりあホールホワイエ」に、
 ぜひ、あそびにきてください!
 
 上映作品:「さんびきねこの かいぞくごっこ」「きいちゃんとどろんこピッピ」

  【日 時】 平成29年5月30日(火) 10:30~11:00
  【会 場】 札幌市生涯学習総合センター1階 ちえりあホール「ホワイエ」
        札幌市西区宮の沢1-1 地下鉄東西線「宮の沢駅」直結
        駐車場:西友駐車場をご利用ください(1時間無料)
        ちえりあ館内の認証機を通すとさらに1時間無料。

  【受 付】 直接会場にお越しください 
  【入場料】 無料

  【お問い合わせ】 札幌市生涯学習センター「メディアプラザ」 
         011-671-2121

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-22 21:58 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

                 ちえりあ 親子映画会
           「トムとジェリー&ウッドペッカー」
 
 ネコのトムとねずみのジェリーは、なかよしのライバル。
 いつもドタバタ。なかよくケンカちゅう!
 ゆかいなキツツキ、ウッドペッカーのおはなしもあるよ!
 上映予定作品:土曜の夜は、淋しがりや ほか

  【日 時】 平成29年7月28日(金) 10:30~11:20(10:00開場)
  【会 場】 札幌市生涯学習総合センター1階 ちえりあホール
        札幌市西区宮の沢1-1 地下鉄東西線「宮の沢駅」直結
        駐車場:西友駐車場をご利用ください(1時間無料)
        ちえりあ館内の認証機を通すとさらに1時間無料。

  【定 員】 400名(定員を超えた場合は入場をお断りすることがあります)
  【受 付】 直接会場にお越しください 

  【入場料】 無料

  【主 催】    札幌市生涯学習センター
  【お問い合わせ】 札幌市生涯学習センター事業課 メディア・視聴覚係
         011-671-2121

[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-22 21:53 | 2017年7月のイベント | Comments(0)

   札幌市北区民センター 5~6月開催のイベント

 ■「つくしんぼによるおはなしの会」
  【日 時】  2017年6月3日(土) 11:00~11:30(予定)
  【会 場】  3階 児童室
  【入場料】  無料

 ■福祉施設による販売・展示のお知らせ 
  【日 時】  2017年4月20日(木)~5月30日(火) 
  【内 容】  5月22日(月)~5月23日(火) 就労継続支援B型事業所すてっぷ 
         福祉製品の販売(がまぐち、ポーチ、眼鏡ケース 他)    
         5月24日(水)~5月26日(金) 就労継続支援B型ユニコーン  
         福祉製品の販売(毛糸製品、布もの、プリザーブドフラワー 他)   
         5月30日(火) ていね・さくら館
         福祉団体製品の販売(天然酵母パン 他) 

  ≪お問い合わせ≫ 北区民センター 電話(757-3511)
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-22 00:01 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

         自然ふれあい交流館
     2017年5月・6月開催のイベント


 ■もりの工作コーナー「ぴろ×2 とり笛」
  プラスチック容器を再利用して水笛をつくります。
   鳥のさえずりみたいに、きれいな音色を奏でてみよう!
 
   【日 時】  5月20日(土)~6月25日(日) 
          期間中は月曜日が休み 9:00~17:00

   【対 象】  どなたでも参加できます
    ※団体でご参加を予定されている方へ:あらかじめ事前にご相談・ご連絡ください
     ご連絡がない場合、混雑状況によりお断りする場合があります
   【受 付】  申込不要 当日自然ふれあい交流館にお越しください 
   【料 金】  無料 

 ■自然観察会「森の新緑観察会」 
  木々も芽吹き、森はパステルカラーに染まります。
  そんなエネルギーあふれる森にはラブソングを歌う鳥たちの姿や、小さな生きものたちが
  見られます。
  一緒に新緑の森を歩きませんか?
  
   【日 時】  6月4日(日) 10:00~12:30
   【対 象】  どなたでも参加できます 
   【定 員】  特になし
   【受 付】  参加希望の方は、当日自然ふれあい交流館にお越しください
   【持 物】  雨具など 
   【料 金】  無料 
   【集合・解散】自然ふれあい交流館
   【備 考】  北海道ボランティア・レンジャー協議会共催、道民カレッジ連携講座 

 ■自然観察会「環境月間スペシャル「森のひ・み・つをさぐろう!」 
  新緑の季節に、公園内で色々な角度から森について調べたり考えてみませんか?
  どんな方法で「森のひみつ」を探るかは、参加してのお楽しみ!
  
   【日 時】  6月17日(土) 10:00~12:00
   【対 象】  どなたでも参加できます 
   【定 員】  先着15名
   【受 付】  5月18日(木)より受付
          (申込先:自然ふれあい交流館 TEL011-386-5832)

   【持 物】  野外に適した服装(長袖、長ズボン、帽子など)、雨具
   【料 金】  無料
   【集合・解散】自然ふれあい交流館 


 野幌森林公園自然ふれあい交流館
 〔電 話〕  011-386-5832
 〔住 所〕  〒069-0832 江別市西野幌685-1
 〔休館日〕  毎週月曜日(祝日・振替休日は開館)、年末年始(12月29日~1月3日)
 〔ホームページ〕 http://www.kaitaku.or.jp/nfpvc.htm
 〔Eメール〕   npvc@kaitaku.or.jp
 〔アクセス〕 
  ○徒歩 ・・・大麻駅より約30分
  ○バス ・・・新札幌バスターミナル北レーン10番乗場
    JRバス「文教通西行循環(循環新82・新83)」に乗車、
         「文京台南町」下車、徒歩約10分
  ○駐車場 ・・・無料(収容台数約40台)

 指定管理者制度が導入され、一般財団法人北海道開拓の村が、
 平成19年4月1日より自然ふれあい交流館を管理運営しております
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-20 21:51 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

        北海道博物館5月~7月開催のイベント

 ■第8回企画テーマ展 夜の森 ―ようこそ! 動物たちの世界へ―」

  日がしずむと森の動物たちは元気に動きはじめます。
  北海道博物館に出現した夜の森を探検しよう!
  やみに光る目、草をふむ音、空をわたる影。
  さあ、こわがらないで。
  いつもは見ることのできない動物たちのすがたを、そっとのぞいてみませんか?
  ※会場は屋内です。
  ※どなたでも安全に夜の森の雰囲気をお楽しみいただけます。

   【同時開催】 中島 宏章写真展「あなたの街のコウモリの森」 
   【会 期】  平成29年4月28日(金)~6月4日(日) 
   【時 間】  9:30~17:00 ※入場は閉館の30分前まで 
   【休館日】  毎週月曜日 
   【会 場】  北海道博物館 特別展示室 
   【観覧料】  無料 

   【主 催】  北海道博物館 
   【共 催】  一般財団法人北海道歴史文化財団 
   【協 力】  中島 宏章 氏(動物写真家)、竹中 健 氏(シマフクロウ環境研究会) 

 ■はっけんイベント「夜に飛ぶ動物を作ろう!」

  日が沈むと森の動物たちは元気に動きはじめます。
  空を見上げると、そこにも動物たちのすがたが見られるかもしれません。
  夜空をひらひらと飛ぶコウモリや木から木へ滑空するモモンガ。
  彼らはどうして飛ぶようになったのでしょう?
  からだのつくりはどうなっているのでしょう?
  夜の森で飛びまわる動物を紙を折って作ってみよう。
  さぁ、うまく飛ばすことができるかな?

   【期 間】  2017年4月1日(土)~6月25日(日)の土曜日・日曜日・祝日
   【会 場】  MBF(中地階)はっけん広場
   【対 象】  どなたでもご参加いただけます。
   ※小さいお子様でも簡単につくることができます。親子でもぜひご参加ください(^^)

 ■はっけん広場ロゴはっけん広場 

  はっけん広場は、「じっくり観察する」「ホンモノにふれる」「道具を使う」「何かをつくる」
  などの体験ができる部屋です。
  「はっけんキット」が約40種類あり、自由に使うことができます。
  北海道博物館へお越しの際は、ぜひ地下のはっけん広場へもお立ち寄りください。
  観覧、イベントへの参加は無料です!
 
   【申し込み方法】 事前のお申込みは不要です。お気軽にご参加ください。 

 ■講演会「昆虫写真家 海野和男の生きもの写真のススメ」

  小学生・中学生対象のフォトコンテスト「生きもの写真リトルリーグ」開催にあわせて、
  実行委員長の海野和男氏(昆虫写真家)に写真の魅力や撮影のコツを語っていただきます。
  生きもの写真に挑戦したい人、必見です。

  ※大人の方は、フォトコンテスト「生き物写真リトルリーグ」には応募できませんが、講演会を
   聴講することは可能です。

   【行事番号】 12
   【日 時】  5月28日(日) 13:30~15:30 
   【会 場】  講堂 
   【対 象】  小学生以上(大人の方も聴講は可能です) 
   【定 員】  50名(先着) 
   【講 師】  海野 和男 氏(生きもの写真リトルリーグ実行委員長) 
   【参加費】  無料 
 
   【道民カレッジ】 ジュニアコース1単位 
   【受付状況】   4月29日(土)からお電話で受付します。
   【申し込み方法】 お電話での申し込みをお願いします。
    電話番号:011-898-0500(受付時間:開館日の9:30~17:00)

 ■ちゃれんがワークショップ 縄文土器をつくる(全2回)

  人類にとって土器の発明は、生活スタイルを大きく変えたといわれています。
  日本では縄文土器にはじまり、北海道では擦文文化期まで土器を使用していました。
  この事業では、縄文文化の土器のつくり方を学び、それを「野焼き」して完成するまでを
  体験します。
  この事業を通じて、縄文文化の人びとの知恵や工夫、創造、さらには生活スタイルを参加者と
  ともに考えます。

  ※江別市教育委員会との共催事業です。
  ※「第2回目:焼く」は江別市セラミックアートセンターで開催します。

   第1回目:つくる
   日 時:6月4日(日)10:30~15:30
   会 場:当館講堂 

   第2回目:焼く
   日 時:6月25日(日) 10:30~15:30
   会 場:江別市セラミックアートセンター 

   【行事番号】 
   【対 象】  どなたでも 
   【定 員】  40名(先着) 
   【講 師】  右代 啓視・鈴木 琢也(当館学芸員)
   【参加費】  無料 
   【道民カレッジ】 教養コース8単位、ジュニアコース2単位 

   ≪参加される方へ≫
    雑巾、エプロンをご持参ください。また、汚れてもよい服装でご参加ください。 
 
   【受付状況】   5月5日(金)からお電話で受付します。
   【申し込み方法】 お電話でお申し込みをお願いします。
    電話番号:011-898-0500(受付時間:開館日の9:30~17:00)

 ■自然観察会「北海道フラワーソン」に参加しよう!

  フラワーソンは、北海道内全体でいっせいに「どんな花が咲いているか」を調べるイベントで、
  5年に1回、同じ時期に開催しています。
  この一大イベントに、「北海道博物館チーム」として参加します! 
  みんなで一緒に初夏の野幌森林公園を歩いて、どんな植物が咲いているか調べてみましょう。
  植物初心者の方でも大丈夫。
  (北海道フラワーソン2017 主催:北海道新聞社・財団法人北海道新聞野生生物基金)
  ※自然ふれあい交流館との共催事業
 
  ※集合場所は博物館ではなく、野幌森林公園自然ふれあい交流館です。ご注意ください。
   野幌森林公園自然ふれあい交流館についてはこちらをごらんください
    http://www.kaitaku.or.jp/nfpvc.htm

   【行事番号】   
   【日 時】    6月18日(日) 10:00~12:00 
   【会場・実施場所】野幌森林公園内 
   【集合場所】   野幌森林公園 自然ふれあい交流館 
   【担 当】    堀 繁久・水島 未記・表 渓太(当館学芸員)
            濱本 真琴・扇谷 真知子(自然ふれあい交流館) 

 
   【対 象】    どなたでも(小学生以下は保護者の方とご一緒に) 
   【定 員】    40名(先着) 
   【参加費】    無料 
   【道民カレッジ】 ジュニアコース1単位 

  ≪参加される方へ≫
    動きやすく、汚れてもいい服装でご参加ください。 
 
   【受付状況】   5月19日(金)から受付します。
   【申し込み方法】 お電話での申し込みをお願いします。
    電話番号:011-898-0500(受付時間:開館日の9:30~17:00)

 ■ちゃれんがワークショップ「石器をつくる」

  石器は、時代とともに生活の中で工夫され発展してきた道具です。
  先史文化には、切る・削る(けずる)・彫る(ほる)など目的によりさまざまな石器がつくられ
  ました。
  旧石器文化から使われている白滝ジオパーク産の黒曜石を材料に石器のつくり方を学び、
  現代の道具と比較してみましょう。

  午前中は、黒曜石原石から剥片(石刃)をつくります。
  午後は剥片(石刃)の細部を加工し、石器が完成するまでを体験します。

   【行事番号】 
   【日 時】  7月9日(日) 10:30~15:30 
   【会 場】  講堂
   【対 象】  どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
   【定 員】  40名(先着) 
   【講 師】  本吉 春雄 氏(湧別川流域史研究会)、右代 啓視・鈴木 琢也(当館学芸員)
   【参加費】  無料 
   【道民カレッジ】 教養コース4単位、ジュニアコース1単位 

  ≪参加される方へ≫
   軍手、帽子をご持参ください。
   また、この行事は屋外で実施するため、日射病・熱射病等を防ぐような服装でお越しください。
   長袖の服、汚れてもよい服装でお越しください。 
 
   【受付状況】   6月10日(土)からお電話で受付します。
   【申し込み方法】 お電話でお申し込みください。
    電話番号:011-898-0500(受付時間:開館日の9:30~17:00)

 ■特別イベント「北海道ジオパークまつり2017」

  北海道内にある5つのジオパーク(洞爺湖有珠山ジオパーク、アポイ岳ジオパーク、
  白滝ジオパーク、三笠ジオパーク、とかち鹿追ジオパーク)の関係者が一同に集まりブースを設け、
  各地の魅力をPRします。
  ワークショップなど楽しい催しものがいっぱい(実費徴収有)! 
  すべてのイベントに参加して、ジオパークへ行こう!

   【行事番号】 21
   【日 時】  7月15日(土) 10:00~16:30 
   【会 場】  講堂 
   【対 象】  どなたでも 
   【担 当】  道内ジオパーク関係者 
   【申し込み方法】 申し込みは不要です。お気軽にご参加ください
            (事前のご予約はできません。)


 ■ただいまのクローズアップ展示

  ◎クローズアップ展示1:《松前屏風》を読む 
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年6月2日(金)

  北海道と本州を分ける津軽海峡は、人や物の流れをさえぎる障害ではなく、船によって双方が
  つながる〈かけ橋〉でした。
  本州の船がさかんにやってきた松前には、さまざまな人や物が集まり、人びとが生き生きと交易を
  行っていました。
  この《松前屏風》は、18世紀中ごろの松前湊の様子をえがいたものです。
  たくさんの船や、まちで動きまわる人びと。こまかく見ていると、まちのにぎわいが聞こえてくる
  ようです。 

  ◎クローズアップ展示2:新選組の元幹部隊士 永倉 新八
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年6月2日(金)

  新選組は、幕末の京都で江戸幕府に敵対する浪士たちを取り締まった、幕府お抱えの剣客集団
  です。
  その幹部隊士の一人、永倉 新八(1839~1915)は、江戸で働いていた松前藩家臣の次男と
  して生まれ、明治維新後は松前藩の医者・杉村家の聟養子となって杉村義衛と名前を変えるなど、
  北海道にゆかりの深い人物です。
  多くの幹部隊士が幕末から明治維新期の動乱のなかで命を落としましたが、大正時代まで生きた
  永倉は、新選組の活動を後生に語り継いだ生き証人といえます。 

  ◎クローズアップ展示3:山田 秀三とアイヌ語地名を歩く―登別― 
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年8月4日(金)
 
  北海道の地名の多くは、アイヌ語に由来します。
  アイヌ語地名研究の第一人者として知られる山田 秀三は、昔の地図や文書を徹底して調べ、
  そのうえで現地を調査し、同じ地名や地形の場所を比較していくなど、科学的な調査の手法を確立
  しました。
  今回は、山田 秀三がアイヌ語研究者・知里 真志保とともに調査した、登別地方の資料を紹介
  します。 

  ◎クローズアップ展示4:文字に記されたアイヌ語
   -18~19世紀頃の資料から-

   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年8月4日(金)

  比較的古い時代の資料の中に、地名や人名などアイヌ語らしい言葉をいくつか記録した資料は
  ありますが、意図的に単語を集めて記録した資料となると、17世紀以降からになります。
  18世紀から19世紀にかけては、蝦夷地に商人が進出し、さらにロシア船が出没するなど、
  本州の人びとのなかで蝦夷地への関心が以前よりも高まっていったこともあり、多くの資料が
  残されました。
  ここでは、江戸時代後半に出版されたアイヌ語通詞(通訳)によるアイヌ語初の辞書など、
  18世紀から19世紀のアイヌ語資料を紹介します。 

  ◎クローズアップ展示5:岩手から北海道へ渡った神楽
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年8月4日(金)

  北海道には、松前神楽、しし舞、七夕踊り、奴行列、祭ばやしなど、江戸時代から伝わるおまつりが
  みられます。
  また、明治時代以降になると、本州などから移り住んできた人びとは、ふるさとで習い覚えた神楽や
  しし舞などを伝えてきました。
  このように、人びとが地域の行事で楽しむ舞や踊りを〈民俗芸能〉といいます。
  これらのなかには、100年以上も続いているものもありますが、後継者の高齢化や人手不足などに
  より、伝えていくことがむずかしくなっています。 

  ◎クローズアップ展示6:札幌オリンピック
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年8月4日(金)

  1972(昭和47)年2月3日、札幌オリンピックが開幕しました。
  アジアで初めての冬のオリンピック。
  実は、1940(昭和15)年の冬のオリンピックが札幌で開催されると決まっていたのですが、
  戦争のために返上され、幻に終わっていました。
  オリンピックは札幌と北海道が世界の人びとと出あう機会になりました。
  また、競技施設のほか、オリンピックに向けて造られた地下鉄や道路、橋などは、今の札幌に
  とって欠かせないものになっています。 
 
  ◎クローズアップ展示7:北海道のカタツムリのいろいろ
   展示期間:2017年4月8日(土)~2017年8月4日(金)
 
  ひとくちに「カタツムリ」と言っても、たくさんの種類がいます。
  北海道だけでも、殻の直径が4センチを超える大型のエゾマイマイから、1ミリ以下のものまで、
  その数は60種以上になります。
  森の落ち葉の下には、よーく目を凝らさないと見えないような、小さな小さなカタツムリが何種も
  くらしています。
  また、カタツムリの仲間は移動が苦手なため、同じ種類でも場所ごとに独自に進化して、
  色や形が大きく違っている場合もあります。
 
 ■ハイライトツアー(毎日14:00~)

  総合展示室をまわりながら、展示のみどころを解説スタッフが1時間でお話しする
  ガイドツアーです。
  事前のお申し込みは不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。
  定員は20名程度(先着)です。

   【開催日】  開館日毎日
   【時 間】  14:00~15:00 
   【集合場所】 総合展示室入口前 
   【料 金】  無料(総合展示のチケットが必要です) 
   【定 員】  1回約20名(先着) 
   【申し込み方法】 お申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。
            (事前のご予約はできません。)



  森のちゃれんが 北海道博物館
  〔住所〕 〒004-0006 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
  〔TEL〕 011-898-0466
  (ハローダイヤル) 011-898-0456
  (総務部総括グループ) 〔FAX〕 011-898-2657
  
  〔休館日〕 毎週月曜日(祝日・振替休日の場合は直後の平日)
  〔観覧時間〕9:30~17:00(5~9月) 9:30~16:30(10~4月)
  ※入館は閉館の30分前まで
  〔設置者〕   北海道(環境生活部くらし安全局)
  〔指定管理者〕 一般財団法人北海道歴史文化財団
  〔URL〕    http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/
  〔交通案内〕
  ◎バスをご利用の方へ
   地下鉄新さっぽろ駅・JR新札幌駅から
   バスターミナル・のりば10(北レーン)…ジェイ・アール北海道バス新22「開拓の村行き」に
   乗車し、「北海道博物館」で下車。
   バスの乗車時間は約15分です。

   JR森林公園駅から
   森林公園駅東口のりば…新札幌駅からの上記のバスが森林公園駅に寄ります。
   バスの乗車時間は約5分です。
   ※北海道博物館まで徒歩で20~25分かかります。
   ※快速列車は森林公園駅に停車しません。各駅停車をご利用ください。
    旭川駅から特急列車でお越しの際は、岩見沢駅で各駅停車にお乗り換えください。

   大麻・江別方面から
   ジェイ・アール北海道バス・夕鉄バス新札幌方面行きに乗車し、「厚別東小学校前」で下車
   (バス停から徒歩15分)。

  ◎タクシーをご利用の方へ
   新さっぽろ駅から約10分
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-19 22:18 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

        滝野すすらん丘陵公園
    「5月開催のイベント情報のご案内」


■森のガイドツアー(期間中水日)
 家族単位でガイドがつくのでお子様連れでも安心です。
 この時期だと葉っぱの芽出しや春の花、カエルやオタマジャクシなどが見れます。

 ボランティアガイド(森クラブ)が西エリアの自然博物園内をご案内します。
 少人数ごとの案内なので、お客様のニーズに合わせてご案内します。
 体力に自信のない方やお子様連れの方も安心してご参加ください。
 ガイドなしでは気づかない森の秘密をお伝えします。
 HPからの予約も可能です→こちら http://www.takinopark.com/?page_id=4444

  【開催日】  5月10日(水)~6月28日(水)までの毎週水曜日・日曜日(14回) 
  【時 間】  10:30~/13:00~(60分~90分) 
  【集合場所】 森の情報館 
  【定 員】  20名/回(予約受付 ※当日空きがある場合受付可)

  【電 話】  011-594-2222 滝野管理センター
  【参加費】  無料 
  【備 考】  7月以降は毎週日曜日、午前中のみ
   ※夏休み期間は水曜日も開催
 
■冒険遊び場きのたんの森(開園期間の第1・第3日曜日)
 滝野式プレーパークとして森の中で自由に遊べます。
 いきもの探しや川遊び、笹舟流しなど、森の中で自由に遊びましょう。
 より自然に近く、森の中で自由に遊べます。(目の届く範囲を決めさせていただいてます)
 こわい、できないと思ったり、遊び方がわからなかったら、ボランティア(森クラブ)か、
 近くの子に聞いてみましょう。
 水辺があるので着替えがご持参いただくことをオススメします。

 時間内は出入り自由なので、好きな時間に来て好きなだけ遊んで行ってOKです。

  【開催日】  5月21日(日)・6月4日(日)・6月18日(日) 
  【時 間】  12:00~14:30(時間内は出入り自由。受付終了14:00) 
  【集合場所】 森の教室 
  【定 員】   
  【参加費】  無料
  【備 考】 

国営滝野すずらん丘陵公園
 〔住所〕 札幌市南区滝野247
 〔TEL〕 (011)592-3333 滝野公園案内所
 ●滝野すずらん丘陵公園のHP
 http://www.takinopark.com/
 ●滝野の森についてのHP
 http://www.takinopark.com/03_ENJOY/forest/forest.html

 〔滝野の森へのアクセス〕
 ●お車での来園なら…滝野の森口
  滝野の森ゾーン東エリア・西エリアをご利用の方は、
  「滝野の森口」へお進みください。
  東エリアを利用される場合は「南駐車場」、西エリア(自然博物園)を利用される
  場合は「滝野の森口駐車場」が便利です。
 ●路線バスの場合
  滝野の森ゾーンへ直接つながるバスは運行しておりませんので
  以下の方法でご来園ください。
  ・中央バス滝野線(真102)真駒内発の場合
   「すずらん公園東口」で下車。
   真駒内方面に少し戻ったところに看板があるので、
   そこを左に曲がってください(約1.4km)
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-19 20:35 | 2017年5月のイベント | Comments(0)

        札幌市青少年科学館 
        2017年6月イベントスケジュール
           ※平成29年7月10日までの予定です。
           ***今月イチオシのイベント***

 ★6月24日(土) プラネタリウム夜間特別投影
 「土星探査機カッシーニが挑む最終ミッション」

  4月23日からスタートした土星探査機「カッシーニ」の最終ミッション「グランドフィナーレ」。
  カッシーニからの最新情報を盛り込みながら、探査計画をわかりやすく解説します。

  【時 間】  19:00~20:00
  【対 象】  15歳以上(中学生は除く)
  【定 員】  200名(多数時抽選)
  【料 金】  500円(各種割り引き不可)

  【事前申し込み】 往復はがき、FAX、Eメールのいずれかに、(1)「タイトル」 
          (2)参加人数、(3)代表者の氏名、郵便番号、住所、電話番号 
          (4)参加者全員の氏名、年齢 ⑤返信先(FAXの方はFAX番号)を明記し、
           科学館まで。
  【申し込み締め切り】 6月13日(火)必着
  【申し込み先】    科学館FAX 011-894-5445、
             Eメール astropla@ssc.slp.or.jp
   ※定員に満たない場合は、締め切り翌日より電話受け付け 011-892-5004(天文係)

 ★6月17日(土) ちびっこワークショップ
  「つくって遊ぼう!声コプター」紙コップを使い、声で動くおもちゃを工作します。
  音が伝わる仕組みを組み立てながら体験してみましょう。

  【時 間】  12:00~15:00 ※ 時間内出入り自由
  【対 象】  3歳以上の未就学児とその保護者
  【定 員】  100名
  【料 金】  無料(保護者は展示室観覧料700円)
  【場 所】  2階 特別展示室前
  【申し込み】 当日直接会場へ

 ★7月2日(日) 親子科学教室「みえない光、紫外線」
  紫外線について学んだ後、UVチェックビーズでストラップを作ります。

  【時 間】  (1)10:00~11:00 (2)13:00~14:00
  【対 象】  小・中学生とその保護者
  【定 員】  各回親子12組24名
  【料 金】  無料
  【場 所】  1階 会議室

  【事前申し込み】   館内申し込み用紙、FAX、Eメールのいずれかで申し込み。
             ※参加希望時間を明記
  【申し込み締め切り】 6月20日(火)
  【申し込み先】    科学館FAX 011-894-5445、
             Eメール tenji@ssc.slp.or.jp
   ※定員に満たない場合は、締め切り翌日より電話受け付け011-892-5001

 ★7月8日(土)土曜工作会「電子回路で作る!!ストロボスコープ」
  ハンダ付けせずに電子回路を作成できるブレッドボードを使って回路を組み立て、
   扇風機の羽根の回転する速さや向きが変わって見えたりする実験装置
  「ストロボスコープ」を作ります。

  【時 間】  (1)10:30~12:00 (2)14:00~15:30
  【対 象】  小学3年生~中学生
  【定 員】  各回20名(多数時抽選)
  【料 金】  500円 ※見学の保護者は観覧料700円
  【場 所】  3階 実験室

  【事前申し込み】   館内申し込み用紙、FAX、Eメールのいずれかで申し込み。
  【申し込み締め切り】 6月21日(水)
  【申し込み先】    科学館FAX 011-894-5445、
             Eメール tenji@ssc.slp.or.jp
   ※定員に満たない場合は、締め切り翌日より電話受け付け011-892-5001

 ★メカトロ教室「走れ!ロボットカ―」
  プログラミング学習用教材ロボットを使って、遊びながらロボットを動かす実習を行います。

  【日 時】  7月1日(土)13:00~16:00
  【対 象】  小学4年生~中学生
  【定 員】  30名(多数時抽選)
  【料 金】  教材費2,500円 ※見学の保護者は観覧料700円
  【場 所】  2階 特別展示室

  【事前申し込み】    往復はがき、Eメールのいずれかで申し込み。
  【申し込み締め切り】  6月13日(火)
  【申し込み先:Eメール】 kantan@mondo.mech.muroran-it.ac.jp
  【申し込み先:送付先】  〒050-8585 室蘭工業大学もの創造系領域 花島 直彦あて

        **そのほか実施予定イベント・教室**

 ■札幌市天文台夜間公開
  札幌市中心部にある天文台から、口径20cmの望遠鏡を使って星を観望します。
   主な観望対象は、土星、木星・春から夏の星座の星

  【日 程】  6月23日(金)~25日(日)
  【時 間】  20:00~22:00
  【場 所】  札幌市天文台(中央区中島公園内)
  【料 金】  無料
  【申し込み方法】 当日直接会場へ
   ※ 会場に駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。
   ※ 天候による実施の有無につきましては観望開始時刻の1時間前より、
     天文台(511-9624)へ直接お問い合わせください。
   ※ 実施の詳細は、011-892-5004(科学館天文係)までお問い合わせください。

 ■科学館天体観望会
  科学館の正面玄関前で天体観望会を行います。天体望遠鏡を使って星を観望します。
   主な観望対象は、木星、土星、春から夏の星座の星

  【日 程】  6月24日(土)
  【時 間】  20:00~21:30
  【場 所】  科学館正面玄関前
  【料 金】  無料
  【申し込み方法】 当日直接会場へ
   ※ 悪天候の場合は中止となります。
   ※ 実施時間の1時間前より、011-892-5004(天文係)までお問い合わせください。
     外部団体との共催事業です。申し込み先にご注意ください。
   問い合わせ:札幌市青少年科学館(011-892-5001)

 ■科学館の工作室(6月の日曜日・祝日)
  工作講師の指示のもと、科学館オリジナルの工作を作ります。
  (1)ちょうちょうのダンス:
    ゴムのねじれが元に戻ろうとする力に空気の抵抗でブレーキをかけながら、菜の花の周りを
    ちょうちょうがゆらゆらと飛び回る工作です。

  (2)UFOシューター:
    スチレンボードのUFO型をゴムの力で飛ばします。

  (3)アイデアをカタチにする工作会:
    工作キットをもとに自由に装飾等を考えながら作品を作ります。


  【時 間】  (1)・(2)10:50~ 13:10~ (3)14:20~
  【対 象】  (1)・(2)中学生以下 ※未就学児は要相談 (3)未就学児以上とその保護者
  【定 員】  (1)・(2)各回1題材12名 (3)12組24名
  【料 金】  (1)・(2)各200円 (3)200円~
  【場 所】  1階 工作室
  【受け付け】 当日受け付け
  【申し込み】 当日9:00からすべての回の整理券を工作室前にて配布します。
           整理券は1人1枚。先着順。

 ■サイエンスショー
  「明かりと火のサイエンスショー ヒッ?灯っ!火っ!」(5月~8月)

  思いがけないものが光ったり、火がついたり、驚きの実験を次々と紹介します。
  なんで?どうして??そんな不思議が盛りだくさんのサイエンスショーです。

  【日 程】  5月~8月 毎日
  【時 間】  平日:9:45、11:00、15:00
         土・日・祝:11:00、13:00、15:00
         ※ 各回15分程度
  【場 所】  3階 サイエンスショーコーナー
  【料 金】  無料(高校生以上展示室観覧料700円)
  【申し込み方法】 当日直接会場へ

 ■日曜実験室
  「シジミのヒミツ?!~生きている様子を観察しよう~」(3月~6月)

  お味噌汁などの具として、食卓で目にする貝類をじっくり見たことはありますか?
  生きているシジミの足やエラ、水を出し入れする管など知らなかったヒミツを解き明かしていこう!

  【日 程】  3月~6月の日曜・祝日
  【時 間】  14:00~(40分程度)
  【場 所】  3階 実験室
  【定 員】  32名
  【対 象】  小中学生
  【料 金】  無料(同伴の保護者は展示室観覧料700円)
  【申し込み方法】 当日13:30から3階案内前で受け付け。(先着順)

 ■移動天文台(8月実施分)
  皆さんが住んでいる地域に天文指導員を派遣し、星の観望会を実施します。
  天体望遠鏡で星をのぞいたり、星座をたどったりしてみましょう。

  【移動天文台実施期間】 8月1日(火)~31日(木)除外日あり
  【場 所】  市内各地
  【時 間】  19:30~21:00
  【定 員】  1会場あたり30名以上
  【対 象】  札幌市内で星空観望会を実施する予定のある団体
  【料 金】  無料
  【申し込み開始日】6月1日(木)~30日(金) 先着順
  【申し込み方法】 電話(011-892-5004)で仮申し込みの後、
           科学館ホームページよりダウンロードした申込用紙を送付。
   ※ お問い合わせ:011-892-5004(科学館天文係)まで

 ■移動天文台(9月実施分)
  皆さんが住んでいる地域に天文指導員を派遣し、星の観望会を実施します。
  天体望遠鏡で星をのぞいたり、星座をたどったりしてみましょう。

  【移動天文台実施期間】  9月1日(金)~24日(日)除外日あり
  【場 所】  市内各地
  【時 間】  19:30~21:00
  【定 員】  1会場あたり30名以上
  【対 象】  札幌市内で星空観望会を実施する予定のある団体
  【料 金】  無料
  【申し込み開始日】7月1日(土)~31日(月) 先着順
  【申し込み方法】 電話(011-892-5004)で仮申し込みの後、
           科学館ホームページよりダウンロードした申込用紙を送付。
   ※お問い合わせ:011-892-5004(科学館天文係)まで

   【問い合わせ先】  札幌市青少年科学館  
    URL: http://www.ssc.slp.or.jp/
    住 所:〒004-0051 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20 
    TEL:011-892-5001(天文係直通:011-892-5004)/FAX:011-894-5445

              ***お知らせ***
   【休 館 日】 6月5日、12日、19日、26日、27日
   【開館時間】 5月~9月 9:00~17:00(最終入館16:30)
          10月~4月 9:30~16:30(最終入館16:00)         
[PR]
by kosodate-hokkaido | 2017-05-08 14:36 | Comments(0)